ニキビ跡消す化粧水~ニキビによる肌荒れについて~

ニキビ跡消す化粧水~ニキビによる肌荒れについて~

ニキビは誰でも経験するとてもポピュラーな肌トラブルです。ところがニキビに関してよく理解されていないため、もっと深刻なトラブルを起こしている場合があります。

まず、ニキビは皮脂が多いからできるというものではありません。もちろん10代の思春期には余分な皮脂が大きな原因になっていることもありますが、20代を過ぎてからできるニキビは余分な皮脂が原因というわけではないのです。

ニキビによる肌荒れの原因としては「洗顔」「遺伝」「ホルモン」「化粧品」「ストレス」「便秘」「偏った食生活」「睡眠不足」などいろいろ考えられます。その他にもアクネ菌はニキビの原因菌だから殺菌した方がいいといった考え方をもとにゴシゴシと洗うことも、かえってニキビを増やす原因になっていることもあります。

確かにアクネ菌が毛穴の中で繁殖することで、ニキビを悪化させます。しかし、アクネ菌は皮膚の常在菌で、皮膚表面のバランスを正常に保つことに貢献しているので肌にとっては必要な菌でもあります。

ニキビの原因は、皮脂分泌や毛穴の角質に影響を与えるホルモンや免疫といった体内バランスの乱れにあるようです。そのためストレスや食生活の乱れでニキビができるとよくいわれているように、体内バランスを乱すことで肌のバランスまで崩してしまいニキビができると考えられています。

ニキビの治療で皮膚科を訪れるとまず、年齢が問題になります。というのもニキビの原因が年齢によって異なるからです。10代でニキビがひどくて治療に来る人に対しては、とにかく毛穴の皮脂成分を取り除く治療をしますが、20歳以上のニキビに関しては原因がさまざまなため、特定ができず長引く可能性があります。

治療方法としては、原因をひとつずつ潰すことから始めなければなりません。ニキビ=皮脂と考えて治療をしていると、間違っていることも多く、むしろ乾燥肌がニキビの原因ということもあります。

この場合、洗顔料もニキビ用の洗顔料は避けなければなりませんし、保湿成分を補充しなくてはならないという、正反対の治療方法になります。

ニキビによる肌荒れと治療法

ひとくちにニキビといっても、10代にできるニキビと20代以降にできる大人ニキビとでは、その原因が違うため、治療法も違ってきます。まず10代のニキビはホルモンの影響で過剰な皮脂が分泌されてできるのがほとんどですから、しっかりと洗顔をして清潔を保つことや油分を控えた食生活にするなどで改善できます。

また、角質を軟化させる効果と殺菌効果のあるイオウを配合したニキビ用の塗り薬も、10代のニキビには効果があります。しかし、この薬は肌を乾燥させてしまうため、大人ニキビには向いていません。

大人のニキビの場合は、必ずしもオイリー肌の人でなくてもできます。むしろ乾燥肌の場合にできることが多く、かえって悪化させてしまう恐れがあります。

ニキビが気になる人の中には、皮脂や汚れをしっかり落とさなくてはと、1日に何回も石鹸で顔を洗ったり、メイクもしていないのにクレンジングで洗い流したりする人がいますが、洗いすぎると必要以上に肌のうるおい成分を洗い流してしまうため、肌が乾燥して肌の角質が厚く硬くなってしまいます。

その結果、よけいに毛穴を詰まらせてしまい、反対にニキビができる原因を作ってしまっていることもあります。「肌はいつも清潔にしているのにどうしてニキビができるのかしら」と思っている人は、自分の洗顔方法をもう一度見直してみましょう。

ニキビができやすいと感じたら、毛穴を詰まらせないためピーリングを取り入れることもオススメです。ピーリングは、薬剤を使って余分な角質をはがすお手入れのことですが、余分な角質だけでなく、ターンオーバーを高めるため、肌の新陳代謝が良くなりシミやシワの改善にも役立ちます。

ピーリングした後は、角質が一時的に薄くなるため、肌がデリケートな状態になります。ですから使う化粧品は敏感肌用のものにします。特に、ニキビ用の化粧品は刺激が強いため避けた方がいいでしょう。

また、紫外線の影響も受けやすくなるので、外出する時は、日焼け止めやパウダーファンデーションを塗って紫外線から肌を守ることが必要です。

↑ PAGE TOP